HOME    ニュース  サービスメニュー  メンテナンス  お店案内 お問い合わせ  
ザーレンオイル   高性能 省燃費 ザーレンオイル   車に良いこと エコ 環境に優しい   高性能 オートマオイル 超高性能ATF   ビルシュタイン R−2000 エンジン完全再生
  ビルシュタインプロショップ 
 カーライフアドバイザーの
 松本モータース
 岡山市東区邑久郷45−1
 TEL 086-946-8710
 FAX 086-946-8719
 
松本モータース オイル交換  エンジン(動力)関係
   
松本モータース 岡山  オイル交換
    エンジンオイル
    ATF(オートマ)
    CVT
    PS(パワステ)
    MT(ミッション)
    デファレンシャル
    エレメント(フィルター)
    ドレンボルト
松本モータース 岡山 オイル交換  カーボンクリーン
松本モータース 岡山 オイル交換  スラッジクリーン
松本モータース 岡山 ザーレン  ATトータルケアサービス
 エアコンリフレッシャー
   
松本モータース 岡山 ザーレンオイル  LLC(冷却水)冷却系
   LLC(スーパーLLC・EG・PG)
    サーモスタット
    ラジエターキャップ
    トリートメント(防錆剤+α)
    パワークーラント
松本モータース 岡山 西大寺 オイル交換  ウォーターラインクリーン
   
松本モータース 岡山 オイル交換  電装系
    アーシング
    プラス線強化
    オーディオ
    アンプ
    カールコード
    デッドニング
    防音(遮音)
    キャパシター
   
 ボディ系
    ガラスコーティング
    Fガラス ガラスコーティング
    ヘッドライトレンズコート
   
 インテリア系
    室内除菌抗菌
    エアコンフィルター
    光触媒コート
 エアコンリフレッシャー
   
 検査
 車検
 点検
 
 eco整備・ECO商品・エコ
 ブレーキメンテ
 くるま以外
   
   
   
    
 
 
 
 
 
 
 
カーボンクリーン
 
ビルシュタイン カーボンクリーンは長年の走行で蓄積されたエンジン内部のいろいろな

不純物・ゴミ・カーボン等の除去をエンジンを分解しなくても短時間でクリーンに出来る

ようになった画期的・経済的な技術です。ぜひ体験してみて下さい。

☆ガソリンエンジン マルチホールインジェクタ※1におすすめ 
☆コモンレール※2ディーゼル対応

 ※当社での事例  
排気ガスが臭って気分が悪くなる。
冷えてる時1気筒死んでるようで力がないが暖気後あまり気にならなくなる。
などの症状が一部車種で多くなってるようですが、

このカーボンクリーンで改善します。

カーボンクリーンで、
  ★ 加速力アップ!
  ★ 燃費改善
  ★ 静粛性アップ!
  ★ アイドリングが安定
  ★ 排気ガスのクリーン化・・・・などなど。


こんな状態になったら要注意

  • 燃料噴射ノズルに不純物が付着       →パワーダウン
  • シリンダー内不純物が付着          →ノッキングがおきる
  • ピストンリングの溝に不純物が付着     →オイルの効果低減(消費)
  • 空気取り入れ口付近に不純物が付着   →ドライバビリティの低下
  • 噴射ポンプに不純物が付着          →黒煙の増加
  • バルブ付近に不純物が付着         →エンジン始動困難(最近多い)
 数万キロ走行のエンジン内部イメージです。
 燃料噴射ノズル・バルブにカーボンが付着すると、エンジンの出力や燃費・

更に、ドライバビリティの低下や不快な振動が出、悪影響を与えます。 

また有害な排気ガスの増加の要因にもあげられます。
 

▲効果が期待できない車(=汚れが少ない)→ 新車から2年又は2万km以内の車等

◎効果が期待できる車
  ○ 4輪車全般(軽四・普通車・貨物車等)
  ○ 2輪車(原動機付き自転車〜大型のオートバイ)等々 
  ○ 汎用エンジン・農工機械(トラクタ・コンバイン)マリン(船舶)等
    大型、多気筒・大排気量のエンジン 要は接続可能なら!!
  
  ○ 最近多くなってきた アイドリングストップ 付き車(等々のエコカー)
  ○ 近距離の使用が多い方
  ○ 週一回程度で、お休みの日しか乗られない方
  ○ 荷物を多く乗せて使うことが多い方
  ○ 坂道で使用が多い方
  ○ 街乗りでストップ&ゴーが多い方
  ○ HV(ハイブリッド)車に乗っている方
  ○ 直噴車(DIT・D−4・GDI)に乗られている方
  上記のようなシビアコンディションに当てはまる車の方は期待大!

 
 現在のカーボンクリーンの施工は、+αでブローバイ以降の
   吸気系も同時に洗浄しております。(スロットル洗浄含む)

※カーボンの付着は想像以上に完全燃焼の邪魔をしています。 販売されている
ほとんどの車が新車時よりも燃費が落ちるのも付着したカーボンが原因であることが
最も多いのです。
 余談になりますが、更に悪循環は不完全燃焼によって燃焼室・排気バルブ・排気管
にカーボンが付着するだけではなく、再循環装置によってインテークパイプに戻される
わけですから、サージタンク以降の吸気管にカーボンが付着しやすくなるわけです。
吸気系統を汚すのは更に、ブローバイガス(燃焼室吹き抜けガス)も存在し、
ブローバイガスと同時にオイルミストを含み、インテークパイプ・ターボのコンプレッサー
(ターボ車のみ)スロットルバルブ・サージタンク・インテークバルブにカーボン・スラッジ等
の汚れを付着させやすくなります。
 よくマフラーや周辺に黒いすすが付着している車を見かけますが
これはもう重症です。 完全に適正な燃料が噴射されていないかO2センサーが
誤作動しているからです。 少しすすが付いているような状態でもやはり不完全燃焼
になっていますので早めの対策が必要です。 これらの原因となるカーボンを除去
することで新車時の理想の燃焼効率となりパワーを取り戻し結果燃費が改善されます。
 放っておくと今以上にカーボンは蓄積されていき必ずエンジン内部に負担が生じます。
燃費改善グッズをあれこれ買う前に根本的な燃費の悪化の原因であるカーボンを
除去しましょう。


※1初期のインジェクターは水鉄砲の様な単孔式プレーンノズルであったが、近年のインジェクターはスプレーノズルの概念を取り入れ燃料の霧化を促進、ノズルの内部構造を複雑なものとしたり、スプレーチップ先端に複数の穴(マルチホール)が開けられた樹脂カバーを装備する事で燃料の霧化をより促進してさらなる燃焼効率の向上を図っている物もある。
※2コモンレール式とは、最新の排出ガス規制に対応したディーゼルエンジンで主流となる噴射方式で、「蓄圧式」とも呼ばれる。燃料の加圧はサプライポンプが行い、高圧化した燃料をコモンレールに蓄え、各インジェクターへ均一に供給し、燃焼室へ噴射するシステムです。噴射制御はECUによる電磁式インジェクターが行う分業となっている。
〒704-8132 岡山市東区邑久郷45−1    カーライフアドバイザー 松本モータース
  TEL 086-946-8710 FAX 086-946-8719
    http://matsu-mo.com
 e-mail:info@matsu-mo.com
 開設日 2000年1月11日火曜日    復活日 2010年3月3日水曜日
 |HOMEお問い合わせサイトマップ
Copyrights(C) 2010 カーライフアドバイザー 松本モータース All rights reserved.